本文へスキップ

【非公式】掲示板のように誰でも気軽に書ける!攻略記事まとめサイト

操虫棍にオススメのスキル

最近採掘ばかりしているカオスです
虫棍ばっかやってるので経験から有効なスキルを書いて行きます

腹減り無効 乗り状態、ジャンプにスタミナが
要るので減ると困る
匠(ボーン、キリン、上位に入ったマガラ) 青ゲージまで行けるため
業物 緑を維持するため
ランナー スタミナ消費減少
攻撃アップ ラッシュの威力上昇のため

サポート操虫棍に必要

結局操虫棍は前に出過ぎて乱戦避けるのが普通かも

自動マーキング ローカル
状態異常強化 スキュラロッド
乗り名人 ダウンを早く取る
状態異常無効系
広域 味方を回復

初心者必見!操虫棍を使いこなす! 

こんにちは(^o^)/
操虫棍の強さにびびりまくりのTakahiroです(^-^;

今回は操虫棍の操作以外の重要ポイントを紹介します。

1.エキスについて

エキスには赤、白、橙、緑の4種類があります。
またその色に対応した能力がありますので、
分かりやすくまとめたいと思います(^^)

能力 備考
攻撃力アップ AやXを使った攻撃方法が変化。攻撃回数アップ
攻撃スタイルが変化
移動速度アップ 移動速度が通常より少し上がる
防御力アップ 防御力が少し上がる
体力回復 体力を少し回復
赤+白 攻撃回数アップ 攻撃スタイルが変化。体が光り、X連打攻撃回数が増える
白+橙 速度防御アップ 体が光り、移動速度と防御力が上がる
赤白橙 全能力アップ 体が強く光る。攻撃回数アップ
攻撃スタイルが大きく変化。連打攻撃数が一番多い

とこんな感じです(^^)d
ちなみに赤と橙はなにもありません(..)

色と効果を覚えたところで、次いきましょー

2.エキスを狙ってGETする!

じつはエキスは部位で色が決まっています。
大まかな所は、全てのモンスターに該当します(^^)d
(大まかな、ってところが重要w)

部位
頭、(モンスターの主な攻撃部位)
脚、(翼)
胴体、
尻尾、(背中)

左側はほぼ全てのモンスターに共通していて、
()は一部モンスターに該当します。(細かく言えばもっとある)

例えば

  • ティガレックスは前脚は赤、後ろ脚は橙
  • ネルスキュラの背中は緑
  • ゲネルセルダスの前の挟みは橙

などがあります(^^)

こうした部位を狙いマーキングをしてからでもいいですが、
至近距離で虫を飛ばしてエキス回収をすれば
すぐに全色揃えることができ、攻略が楽になります(^-^)v

皆さんぜひ試してみてください\(^o^)/

白いエキスの場合、移動速度はさておき、ジャンプの高さと距離が伸びているような気がするのですが、どうでしょうか。
ガンランス使いです
S級記事につっこむのは気が引けるのですがつっこまさせてもらいます

まずエキスでの強化について

・橙は防御力アップだけじゃなくスーパーアーマー状態にもなります

・白は移動速度強化だけでなくジャンプの高度も上昇します

・白+赤での攻撃回数は赤一つと同じです
 正しくは白と赤の効果+攻撃力上昇です

・白+橙は防御力アップ効果+耳栓、風圧[小]無効です

・全色では攻撃力、防御力どちらも大幅に上昇し
 緑以外の色の単色での効果+全てのダブルアップ効果です
 よって攻撃回数は赤一つと同じです

・あとティガレックスの前脚と後ろ脚の色は両方白です
 赤は頭と胴体、橙は尻尾です

・ゲネルセルダスじゃなくゲネル・セルタスです

以上ガンランス使いでした

虫エキスでの強化について

ども、最近例に漏れず操虫棍にハマってる秀虎ですw
操虫棍は、虫エキスで自分を強化して
赤、白、オレンジの3色集めると

  • 攻撃のモーションが変わる
  • 耳栓(高級?)が付く

などの特典がありますよね?

でも、なかなか大型モンスターとの戦闘中に3色揃えるの難しくないですか?
そんな時は、印弾(マーキング殴りでも可)で、頭、背中、足を狙ってみてください☆

頭→
背中→ オレンジ
足→

で3色揃うと思います♪

まだ、全モンスターを狩ってないので、全てに当てはまるかどうかはわかりませんが、、、

操虫棍のエキス表 

小型モンスター編 

MH4でまだ一回もガンランスを使ってないガンランス使いです
(↑ガンランス使いじゃないやん!)

獣人種
アイルー
メラルー
甲虫種
オルタロス
ブナハブラ
クンチュウ
草食種
リノプロス
アプトノス
ポポ
ズワロポス
ケルビ
鳥竜種
イーオス
ジャギィ
ランポス
ジャギィノス
ゲネポス
ガーグァ
牙獣種
コンガ
両生種
スクアギル
蛇竜種
ガブラス
赤※

※ガブラスは部位により赤もある

エキスはそのモンスターの特徴か体色で判断できる

大型モンスター編

ガンランス使いです
まえの記事に書いた大型編を書きました
まだ狩ってないモンスターがいるので下位のみです

  • 鳥竜種

■ドスジャギィ、ドスランポス、ドスゲネポス、ドスイーオス

■イャンクック

胴体
足・翼
尻尾

■ゲリョス

足・翼
胴体
首・尻尾

■イャンガルルガ

頭・首・尻尾全体
足・胴体
  • 昆虫種

■アルセルタス

爪・足

■ゲネル・セルタス

腹・顔爪
尻尾
  • 鋏角種

■ネルスキュラ

口・爪
毒とげ
  • 牙獣種

■ケチャワチャ

頭・耳
後足・尻尾
胴体・爪

■ウルククス

顔・前足
後足

■ババコンガ

手足
胴体
尻尾・キノコなど
  • 両生種

■テツカブラ

胴体・尻尾

■サボアザギル

頭・胴体
背ビレ・尻尾
  • 蛇竜種

■ガララアジャラ

頭・背ビレ・尻尾
前足
後足・胴体
  • 獣竜種

■ブラキディオス

頭・前足
後足
胴体・尻尾
  • 飛竜種

■フルフル、バサルモス、グラビモス

胴体
尻尾

■リオレイア

頭・尻尾
翼・背中

■リオレウス

頭・足
胴体・尻尾

■ティガレックス

頭・胴体
翼・足
尻尾


部位の表現については気にしないでください
あとジンオウガやゴア・マガラなどはかききれませんでした
かけなかったモンスターは2でかきます

初投稿です。大海の猫と申します。

僕も操虫棍を使っていますが、コンガは緑色も出ます。
コンガも部位によって違うと思われます。

攻撃力の基準が変わる!?

さて、-----です。
タイトルから分かるように、今回はついに見られた強化画面の話です。

こんな事誰も見たがらないから出されなかったと思いますが。
しかし、注目して欲しいのは、「モンスターハンター4公式サイト操虫棍猟虫の成長Image2of5」です。
ちょっと引用しますね。

ボーンロッド:RARE1攻撃力279(説明不可能のため中略)
スロット:無し
会心率:0%

なんと、あのボーンと名のつく比較的作りやすい武器で、RAREが1なのに、攻撃力が279、279なんです!(テレフォンショッピングじゃないですが)
会心率は0%。
MH3Gのラスボス武器だって、G級で属性値たっぷりついて攻撃力280程度なのに。

つまり簡単に考えられる事は、

  • (大人の事情で?)攻撃力の単位が全武器100以上上昇した。
  • 操虫棍は攻撃がしにくい?ので攻撃力が上がっている。
  • あれは虫さん(猟虫)の攻撃力も足されている。

ぐらいですが、これからは200程度あれば上位が出来ると思っていた人(特に自分)は注意した方がいいかもしれませんね。


以上で終わりにさせていただきたいと思います。では。

攻撃力279ですか。
思ってたより高かったですね。
申し遅れました。アレクトロです。

攻撃力279は3Gの初期の太刀の攻撃力と同じくらいなんですよね。
もし、この武器が初期の操虫棍とするならば、
太刀ぐらいの攻撃回数になると思います。
まあ使いこなせたらの話は置いといて…。

あと、それぞれの武器種には武器倍率というものが設定されているそうです。

表示上の攻撃力÷武器倍率=本当の攻撃力

みたいな計算式が成り立つと考えて下さい。

これより詳しいことは、
出来るだけ自分の経験を記事にするという
ゲマニの方針に反しそうなので、
モンスターハンター大辞典を参考にして
情報を収集するのがいいと思います。

では以上です。
ーーーーーさん、
それはただたんに攻撃力の基準が旧大陸式に戻っただけではないでしょうか

旧大陸の時はラスボス武器で攻撃力が1600を超えました
初期の武器でも200は超えています
MASAYOSHIです
ーーーーーさんの記事にツッコミを入れさせていただきます

僕が思うにあれは武器倍率込みの表記に戻っただけだと思います
というか3Gって武器倍率無しの表記だったんですね(3rdはそういう表記だと知ってましたが・・・)
操虫棍の武器倍率はおそらく3.1倍と思われ(形状が似ている太刀の武器倍率を参考に、279をきりのいい数字で割りきれる数値を探した結果3.1にたどり着きました)、そうだった場合ボーンロッドの攻撃力は武器倍率を除くと90になります
武器倍率が大体同じ3.3倍の太刀で同じ骨素材の骨刀【犬牙】も90なので妥当な数値だと思いますよ

しかしこれで終われないことがあります
その画像を良く見てください
この武器なんと若干とはいえ緑ゲージがあるんです
しかも基本的に切れ味の劣る傾向にある骨素材武器でですよ
しかし初期武器で緑ゲージが付いていたことが過去にも無かった訳ではありません
それが「3の」骨刀アナンタです
なんで3限定なんだ。そもそもアナンタって初期武器じゃねーだろ。などの声が聞こえてきそうですが、アナンタは3では太刀の初期武器だったんです

そもそも3では太刀の妙なポジションの武器で、ストーリーをある程度進めないと作れません
新武器のスラアクより遅かった記憶があります(スラアクも最初は太刀同様項目自体がないです)
そのため最初から威力110で緑ゲージも付いたアナンタでも強すぎることはありません
(むしろその頃には緑ゲージは当たり前だし、威力110ではもの足りないぐらいです)
これと同じで、もし操虫棍が最初は作れず、他の武器に比べて遅れるとしたら、初期武器で緑ゲージもありえると思います
新武器なので最初は使えないというのも充分ありえますし・・・
最もだとすれば90は少し低すぎますけどね
最後に少し脱線しましたが、以上で締めさせていただきます
MASAYOSHIでした

P.S
操虫棍が最初は作れないというのはあくまで僕の予測です
ソースはありませんし、単純に4の武器は過去作に比べて全体的に切れ味が良いだけという可能性も大いにあります
またボーンロッドが操虫棍の初期武器というのも、レア度が1であることや猟虫がマルドローンであること(他の記事に書いていますが、僕はマルドローンが序盤に出てくる猟虫だと思っています)を元にした予測に過ぎないです
アレクトロです。

―――――さんとMASAYOSHIにツッコミです。

まず最初に言っておきましょう。
3Gは武器倍率込みの表示です。

攻撃力280のラスボスの武器は、
恐らく双剣のグランミラオスの武器です。
(名前が難しすぎるので書けませんでした。)

この武器は攻撃力は280ですが、
火属性値450という化け物じみた典型的な属性偏重の武器です。
(属性値抜きで考えるならば、上位武器にも負けるほどです。)
しかし、3Gの双剣には攻撃力が400を越えるものも存在します。

というより何故攻撃力の低いミラオス双剣と操虫棍を比べたのか分かりません。

なので、MASAYOSHIさんの言う通り、この攻撃力は妥当と考えられます。

批判的な論調になって申し訳ありませんでした。
以上です。
アレクトロさんへのツッコミです。
先に言いますが短文です

3gのグラミラ双剣は
咎赦ス火天ノ両掌(トガユルスカテンノリョウショウ)と言います
攻撃力は280、属性値は火450と
少ない攻撃力を属性で補う武器です

それだけです、ハイ。
ではナナテスでした。
アレクトロです。

ナナテスさん
ミラオス双剣の名称のフォローありがとうございます。

そして、一つ前の自分(アレクトロ)の記事で、
MASAYOSHIさんを呼び捨てにしてしまっていました。
申し訳ございません。

さて本題です。
まあたいした内容ではないんですが。

これからは200程度あれば上位が出来ると思っていた人(以下省略)とありますが、
別に、攻撃力が一桁だろうと200だろうと100000あろうと、
ゲームですので数値はあまり関係ない気がします。
調整さえすれば。
まあ数値が低いと、攻撃してる感は小さくなってしまいますが。

では半分くらい本文とは関係無い話でしたが、以上です。
私はかりうどです。
この記事、意見含めて、勘違いや偏見が入り交じってるような気がします。
さすがにこれは無視するわけにはいかないでしょう、ちょいと訂正をばさせていただきやす。



まず意見者への訂正を。
【武器倍率】とは、[武器そのものの攻撃力]のことです。
これに武器ごとに定められた倍率(武器補正)をかけると、表示されている攻撃力になります。
【武器倍率】と【武器補正】を混同している方が多いようで。
まぁ無理もありませんけどね、そんな説明どこにもありませんし。
この武器補正、武器によって数値が違っていて。

ハンマー=狩猟笛>大剣=太刀>ランス=ガンランス>片手剣=双剣>ヘビィ=ライト=弓

という順で、重い武器ほど補正が大きくなっていきます。
この武器補正がある限り、違う武器種で表示された攻撃力を比べることは無意味となります。
なぜなら、武器補正のせいで表示されている攻撃力に差ができているからです。
ハンマーとハンマー、大剣と太刀というように、武器補正が同じ武器で比べるならいざ知らず。
武器補正の違う、片手剣とランスを比べたところでその差を知ることはできません。
比べるなら、同じ武器同士で比べましょう。
新武器・操虫棍がどのあたりに来るかはわかりませんが。
意見を見る限りでは、大剣・太刀あたりですかね。
ま、それを実際に見ないことにはなんとも言えませんけど。

なお、この武器倍率。
同じモンスターの素材から作られる武器は、同じ武器倍率になります。
3rdの表示を見ればわかると思います。
あれは武器補正を撤廃した表示ですからね。


そして、本記事者への訂正を。
もしかしたら、もしかしたら、あなたの頭の中で。
【ラスボスの武器=強い】という図式が成り立っている可能性があります。
これは非常に危険です、黄信号です。他の皆様も聞くように。
たしかに、あまり間違ってはいません。が、絶対ではありません。
それまでに作れる武器にも、充分に強いものはあります。
作るまでの手間を考えると、それを作るまでに時間もかかりますし。
1日10時間プレイしたとして、それを作るまでに1年以上かかるとなればどうですか?
どれだけ強くても、作ろうという気にはならないんじゃないですか?
まぁこれはちょっと大げさですけどね。
大切なのは、「全体で見て、1番強い武器を作ること」ではありません。
「その時点で作れるものを、状況で使い分けること」です。
一歩一歩踏みしめることが、長く続けるコツとなります。
いきなり終点を目指すのではなく。
時には足を止める、時には寄り道をする。
本当に長く楽しみたいのなら、多少フラフラするといいでしょう。

で、なにが危険なのかというと。
今はまだ、【ラスボスの武器=強い】という図式で止まっていますが。
これが悪化すると、【ラスボスの武器=最強】という図式に変わってしまいます。
そして、行きすぎるところまで行ってしまうと、こうなります↓。

【ラスボスの武器=最強→持っている自分=偉い→持ってない奴=ザコ→だから自分はなにやっても許される】

こういう風に発展することもありえます。
決して大げさに誇張しているわけではありません、本当にあります。
たとえるなら、「できる人間ができない人間を見下す」ようなもの。
そのようなことはないとは思いたいですが、念を押す意味でも。
そういう偏った考えは、一切合切捨て去ることです!
もちろん、これは本記事者だけに言えることではありません。
これを読んだあなたも、もし【ラスボスの武器=強い】なんて考えているのなら。
やはりそれは黄信号、一刻も早く考えを改める必要があります。
さっき言ったように、大切なのは「状況によって使い分けること」なのです。
進行度や考え方は人それぞれで違います。
その武器を持っているかどうかだけで人を見下せるほど、あなたは立派な人間ですか?
この手のゲーム、それ1つあれば万事解決になるようなものはありません。
いろいろなことに手をつけると、また別のおもしろさを見つけるかもしれませんよ?



私からの訂正は以上です。
途中、なんかおかしな方向に向かったような気がしますが……まぁ良しとしましょう。
では、私はこれで。
MASAYOSHIです
かりうどさんのツッコミ記事にツッコミを入れさせていただきます
ハンマーとハンマー、大剣と太刀というように、武器補正が同じ武器で比べるならいざ知らず。
という一文がありますが僕の記憶では大剣と太刀の武器補正は異なるはずです
現に大剣のボーンブレイドは384、太刀の骨刀【犬牙】は297とその威力は大きく異なります
因みに僕の記憶の中では大剣が4.8倍、太刀が3.3倍なのですがそれぞれこの数値で割ってみると、
ボーンブレイドが80、骨刀【犬牙】が90となったのでこの武器補正が妥当だと思います
後これは比較情報として出そうとしたときに気付いたのですが、
どうもハンマーと狩猟笛の武器補正も異なるようです
ハンマーのボーンハンマーが416、狩猟笛のボーンホルンが368で数値自体は大して変わらないのですが、
同じ数値で割りきれないんです
因みにハンマーは5.2、狩猟笛は4.6で割ると共に80になったのでこの武器補正が妥当だと思います
それからリストの中にスラッシュアックスが抜けていますよ
因みにスラッシュアックスの武器補正は4.6倍で狩猟笛と同じのようです
狩猟笛の武器補正が派生元のハンマーではなく、スラッシュアックスと同じとは意外ですね
これは余談になりますが武器補正の計算方法としては、
その武器の基本となる武器とそれを一段階強化した武器の攻撃力の差を10で割ると大抵出ます
というのも序盤の武器を一段階強化すると殆どの場合、
威力が10増えるんです(10というのは武器補正を除いた数値での話です)
例えばボーンアックスとボーンアックス改の差は46で、
それを元にスラッシュアックスの武器補正が4.6倍と解った訳です(ボーンアックスの数値が僕の知っていた3の時の5.4倍で割りきれなかったのでこの計算式で割り出しました)
では長くなりましたが以上で締めさせて戴きます
MASAYOSHIでした

獲得研究値

S級記事

  • Takahiro

A級記事

  • -----(無入力)
  • MASAYOSHI
  • かりうど
  • MASAYOSHI
  • ガンランス使い
  • 秀虎
  • ガンランス使い
  • ガンランス使いです
  • カオス

B級記事

  • アレクトロ
  • 正式採用機械アイルー
  • アレクトロ
  • ナナテス
  • アレクトロ
  • カオス
  • 大海の猫
  • JOCKER
  • アレクトロ