本文へスキップ

MHX/モンスターハンタークロス【攻略・まとめ】

HR上限開放後クエスト

HR上限開放後クエスト一覧【ネタばれ注意】

どもっ、ハンマー使いことハンマニアのウエぽんです。
やはりオストガロア撃破後に用意されていました、『HR上限開放後クエスト』!どんなモンスターの面々が我々ハンターを手ぐすね引いて待ち構えているのか?さっそく現時点で分かった情報を公開、検証してみたいと思います。

HR7

[金火竜]リオレイア希少種
弱点 水・雷
開放クエスト名 黄金の月輪
素材防具 ゴールドルナシリーズ
[銀火竜]リオレウス希少種
弱点 水・雷
開放クエスト名 白銀の日輪
素材防具 シルバーソルシリーズ

他のクエストは対応HRに到達しさえすれば自動的に開放されるのですが、ココでのクエストのみ大型モンスターを200体討伐するとはじめて開放されます。

HR35

[鋼龍]クシャルダオラ
弱点 雷・龍
開放クエスト名 氷点下の支配者
素材防具 クシャナシリーズ
[霞龍]オオナズチ
弱点 火・龍
開放クエスト名 しじまの向こう
素材防具 ミヅハ・トヨタマシリーズ
[炎王龍]テオ=テスカトル
弱点 水・龍
開放クエスト名 煉獄の主、怒れる炎帝
素材防具 カイザーシリーズ

このクエストは、どうやら“新しい狩技への進化クエスト”に位置付けられている様です。

クエストクリア後、カリスタ教官に話しかけると新しい狩技が解禁されます。例えばガンランスの場合、新しい狩技:覇山竜撃砲Ⅱ

「覇山竜撃砲Ⅱ」はⅠよりも発生までに必要な時間が短縮され、威力も上昇します。

HR45

[金獅子]激昂したラージャン
弱点 氷・水
開放クエスト名 破滅と滅亡の申し子
素材防具 怒髪シリーズ

武器種によっては避けては通れない、不可避の出来ない激しい戦闘になると思われます!なぜなら、このクエストも“新しい狩技への進化クエスト”に位置付けられているからです。

ラージャンに苦手意識を持っている、出来ればラージャン戦は必要最低限だけ相手して極力回避したいハンターから見れば、「なんもラージャンにまでそんな事しなくても・・・」と悲鳴が聞こえてきそうです。

一例を挙げると、スラッシュアックスの場合はクエストクリア後に、新しい狩技:剣鬼形態Ⅲを修得します。

「剣鬼形態Ⅲ」はⅡより効果時間が延び、剣状態での攻撃がより強力になります。

HR60

[覇竜]アカムトルム
弱点 雷・龍
開放クエスト名 獄炎に座す、覇たる者
素材防具 アカムトシリーズ
[崩竜]ウカムルバス
弱点 火・雷
開放クエスト名 絶対零度
素材防具 ウカムルシリーズ

HR70

[嵐龍]アマツマガツチ
弱点 火・龍
開放クエスト名 舞うは嵐、奏でるは災禍の調べ
素材防具 荒天・蒼天シリーズ

PV2のラストでのアマツマガツチさんのそのお姿、立ち位置ココだったんですね♪

出現フィールドは、“P3”から引き続き世紀末天候となった『霊峰』です。こちらもアマツマガツチと共に公式サイトで紹介が為されており、ダラ=アマデュラの『千剣山』に続き2例目となる、「公式サイトで発表されたラスボスフィールド」となりました。公式サイトで公開されたモンスターとしては異例と言える“裏ボス”としての登場となります。

HR80

[煌黒龍]アルバトリオン
開放クエスト名 煌黒龍アルバトリオン
素材防具 エスカドラシリーズ

アルバトリオンは弱点属性が変化する特殊なタイプです。

  • 【地上】弱点:氷・水無効:火・龍
  • 【空中】弱点:火・龍無効:水・氷

やはり出て来てくれました、モンハンの全モンスターの中で一番美しくて神々しく、『一番の大トリ』に相応しいワタシの最も好きなモンスターです♪

今作ではラスボスのオストガロア、裏ボスのアマツマガツチが専用アイコンを獲得する中、登場モンスターの中で唯一アイコンが「?」となっています。“禁忌のモンスターにはアイコンが存在しない”というルールは、本作でも健在の様ですね。

“X”では登場フィールドが変更され、登場するのは「神域」ではなく何と『溶岩島』!というか、紅龍ミラボレアスに続く第2の禁忌のモンスターまでもを迎えた『溶岩島』は、最早世紀末どころの騒ぎではない超危険地帯になっちゃってます。同島があのアカムトルムすら裸足で逃げ出す頂上決戦の場となった事は言うまでもありません。

こうなると、一番気になるのは配信クエストです。“4G”の時に配信され、G級並に強くなった“強化アルバトリオン”が猛威をふるう配信クエスト『神への挑戦』、今回も配信されるのか見ものです♪

・・・とまぁ、ホントならココで検証は終了なのですが、記事としてまとめている内に大変なコトに気付いてしまったんです!

上記の通り、HR80で満を持して最終ボスとしてアルバトリオンが参戦します。アルバトリオンといえば「神域」での戦闘でバリスタ弾、拘束弾を駆使していかに地表に引きずり降せるかという戦い方が有名です。

そんなアルバトリオンが今回、『溶岩島』に襲来します。『溶岩島』と言えばあのアカムトルムの主戦場、アカムトルムと闘ったハンターなら誰でも知っていると思いますが、溶岩島にはバリスタ弾はおろか、拘束弾の発射台も存在しないんです。

という事は、今回『溶岩島』にアルバトリオンが来た事で、

  • バリスタ弾、拘束弾が使えなくなるのでアルバトリオン戦の難易度がさらにハネ上がる?
  • その反対に溶岩島に無理してバリスタ弾、拘束弾を作っちゃって、そのしわ寄せをアカムトルムがもろに被っちゃった結果アカムトルム戦の難易度がさらに下がっちゃう?

という感じでアルバトリオンとアカムトルムのどちらかに必ず影響が出て来ると思うのです。




獲得研究値

  • ウエぽん:129