本文へスキップ

MHX/モンスターハンタークロス【攻略・まとめ】

今作からモンハンを始める人へ

[初めてのモンハン]操作が難しすぎる!どうやって練習したらいい?

体験版の初心者コースのボスすら倒せません。どのように練習したらいい?回避とか防御から?アドバイスお願いします。
とにかく無理するな 一切攻撃しないで相手の攻撃を避け続けることから始めることで、どのタイミングなら攻撃できるか分かってくる
ランスで行け ひたすら敵の攻撃をガードして観察する
大剣オススメ 抜刀攻撃→回避→納刀
これを覚えればとりあえず勝てるし戦力になる
時間短縮したかったら隙を見て攻撃を加えてやろう
相手の行動の隙に叩くのがモンハンだと思え
焦らず観察するのが基本
攻撃を避けながら当てられるようになったら面白くなってくる
チュートリアルで学べ 基本に立ち返れ!後で楽しむための試練だと思え
まずは時間切れまで逃げてみる 逃げながら被弾0を目指す
観察してると隙の大きい攻撃の予備動作がわかる
実は・・・ 初心者コースより上級者コースのモンスターのほうが弱い
上級<初級<中級の順番
武器操作指南を見ながら何度も練習をしましょう!簡単なクエスト(雑魚モンスターを狩る、アイテムの納品など)で練習するのがお勧めです。個人的な意見ですが、大型モンスターだとリスクが大きいです。失敗したらアイテム(回復アイテム、罠、爆弾など)やお金の損失があるからです。3乙した際の精神的ダメージも大きいです。初心者ならなおさら…
彼女/彼氏といちゃいちゃしながら練習するのが一番効果的だと思うw
体験版は基本的に初心者バイバイ仕様なので気にする必要はありません。
基本的な武器の説明どころかアイテムの使い方、採取すら説明してくれないし、自マキや支給ボックスも意味不明です。
初心者にとって、経験者向け体験版が難しいなんて当たり前です。これを将来の目標にして、初心者の多くは狩猟世界を楽しもうと思って始めるわけです。まずは村の雰囲気やら基本操作やらを一から学びましょう。

初心者指南所【基本】

最近旅行三昧の豆腐でございますよ。
皆さんもたまには気分転換にどこかに出掛けてみては?

初心者指南書

さて今回、わたくし豆腐は今作のXから始める初心者ハンターの為に、初心者指南所なるものを開設しようと思い立ったわけです。
今回は狩猟生活の基本についてを書きたいと思います。
言っておきますが、[Xで復帰する人へ↓]とは違いますよ?

では授業にLet'sGO!

モンスターハンターとは?

まずここからですね。モンスターハンターとは、カプコンから発売されている国内でも屈指の人気を誇るハンティングアクションゲームです。
プレイヤーの分身となるハンターを操作し、多彩な武器を使って強大なモンスターを狩っていきます。
ハンターとモンスターの間には絶大な力の差があり、それを乗り越えて狩るのがいいと言う声多数。
しかし一部の人からは難易度が高いとの声も上がっている。

はい、こんなとこですね。
聞いただけでは難易度が高そうですが、最初は丁寧なチュートリアルと簡単なクエストから始められます。

クエストの種類

ハンターはその名の通り、狩りを生業とする者達です。
その狩りを遂行するにあたって根幹となるのが、クエストです。
クエストはハンターを管理する「ハンターズギルド」という施設から出され、その内容は一般人やハンター、ギルドや国からの依頼です。
クエストの種類は、アイテムをフィールドで採集し、拠点のベースキャンプまで持っていき納品する「採集クエスト」、指定されたモンスターを討伐もしくは捕獲する「狩猟クエスト」、群れで暴れる小型モンスターや他とは比べ物にならない強大なモンスターの「討伐クエスト」、指定されたモンスターを捕獲する「捕獲クエスト」があります。

クエストには仲間を集めて最大4名で赴くことができ、手にした武器やアイテムを利用することができます。
なお、どのクエストでも指定されたモンスター以外を狩ってもよし、指定されたアイテム以外を採集してもよしなので、クエスト中はほぼ自由に行動できます。
ただし、あまり遊んでいると、時間切れになったり、一緒に戦っている仲間に迷惑をかけてしまうことになるので、それらの行動は控えめにしておきましょう。

モンスターの種類

ハンターの狩りの対象となるのは勿論モンスター。
大まかに分けると、比較的小さな小型モンスター、その小型モンスターのリーダーであることが多い中型モンスター、主に単独で行動し、強大な力を持つ大型モンスター、その大型モンスターをも凌ぐ強大な力を持ち、山のように大きな超大型モンスターがいます。

種別は獣人種、草食種、甲虫種、鳥竜種、魚竜種、甲殻種、鋏角種、蛇竜種、両生種、飛竜種、牙獣種、海竜種、獣竜種、古龍種がいます。

アイテム

ハンターの狩りを手助けする、それがアイテムです。
種類は様々で、自分を回復、強化する薬やモンスターに大ダメージを与える爆弾、足止めをする閃光玉や音爆弾に罠、武器を研ぐ砥石、攻撃手段の弾丸、採集に必要なピッケル、虫あみ。調合で、買えないアイテムを作り出すこともできます。

この他にも様々なアイテムがあり、全部持っていきたい所ですが、アイテムポーチには限りがあり、全部持っていくことは到底叶いません。
その場その場に合わせて、必要なアイテムを厳選して持っていくことが大切です。

装備

ハンターの攻撃手段の武器や防具を指します。
武器は様々な種類があり、どの武器も一長一短ありますが、個性溢れる14種の武器があります。

  • 大剣
  • 太刀
  • 片手剣
  • 双剣
  • ハンマー
  • 狩猟笛
  • ランス
  • ガンランス
  • スラッシュアックス
  • チャージアックス
  • 操虫棍
  • ライトボウガン
  • ヘビィボウガン

この中から、自分に合った武器を見つけると良いでしょう。

防具は、武器よりも多く種類があり、中、大、超大型モンスターからは大抵、シリーズ装備という見た目の統一感があり、スキルという特殊効果が発動する防具が作れます。
単品防具という1部位しかパーツがない防具もあり、それは1つだけでスキルが発動するものが多いです。

スキル

ハンターに特殊効果を与え、狩猟を有利もしくは不利にする力のこと。
防具の各部位(頭、胴、腕、腰、足)にはスキルポイントが割り振られており、ポイントが10になればスキルが発動します。
逆に、-10になってしまった場合は、マイナススキルが発動してしまいます。
スキルに強化先がある場合、15(-15)、20(-20)になる度にスキルが(もしくはマイナススキルが)強化されます。

今回はここらで締めたいと思います。
次はクエストの立ち回りでも書きたいですね。
さすがに長文だと疲れます、はい。
皆さんも、一度基本を振り返ってみては?

初心者指南所【クエスト】

どうも、旅行先でショボーンストラップを見つけた豆腐でございます。
やっぱりいいですねぇショボンは。(いいから早くしろ
さて、今回は前回の基本編の続編です。
前回の最後に言いましたが、今回はクエスト編です。
それでは行ってみましょう。

採集クエスト攻略

採集クエストは、あくまでも採集が目的であって、モンスターと戦って消耗するのは賢明ではありません。
ですが、後述の運搬のように、クエスト遂行に支障をきたす場合は、狩るのも作戦の内です。
順序としては、アイテムが採集できる場所を覚え、できるだけ最短でキャンプまで帰還するのが理想です。
ですが、それができないクエストもあります。
それが「運搬クエスト」。
卵や岩を持ち運びキャンプまで持っていくクエストですが、これが中々厄介で、ちょっと小突かれただけでも卵や岩を落としてしまい、採集し直す必要があります。
「なんだ、じゃあ逃げながら運べばいいじゃん、楽勝。マジ楽勝。」とか思っても、現実は非情なもので、運搬中は移動速度が極端に落ちてしまいます。
しかも、スタミナゲージが尽きると卵や岩を落としてしまいます。
おまけに特殊なスキルがなければ高い崖から落ちても物を落とすし、近道が何故か謎の岩で塞がれるし、帰る時はあからさまにモンスター配置が変わるし…
こちらに不利な要素ばかりですが、攻略法はあります。
強走薬を飲んでスタミナの減少をストップさせ、とにかく同じ場所に居続けず、逃げ回ること。
これが攻略法です。

狩猟クエスト攻略

大型モンスターを相手取り、さぞ心躍ることでしょうが、こんな時こそ慎重に。
大体のモンスターは頭の肉質が柔らかく、弱点となっていますが、正面にいたならブレスや噛みつきなどの高威力攻撃が飛んできて、一発アウトもあり得るでしょう。
側面から頭を攻撃するか、他に肉質の柔らかい所を探して攻撃するとよいでしょう。
モンスターの攻撃は多彩で、一度様子見をしてから攻勢に転ずるのがよいです。
一回目はリタイアして、二回目に本格狩猟を始めるのもいいかもしれませんね。

討伐クエスト攻略

小型モンスターなら、無限湧きエリアを探してそこで延々と討伐し続けるか、エリアを転々として狩るかの二つです。
意外な所で必要になるかもしれないので、余裕があれば素材の剥ぎ取りもしていきましょう。
強大なモンスターなら、基本は狩猟クエストの攻略法と同じですが、いつも以上に慎重に立ち回りましょう。さもないと、一気にクエスト失敗に追い込まれます。

捕獲クエスト攻略

捕獲クエストは、対象を討伐してしまうと失敗です。いつも以上に、モンスターの挙動に気を配り、捕獲可能のサインを見逃さないようにしましょう。
スキル「捕獲の見極め」があると便利です。
相手が足を引きずって逃げ、休眠エリアでないエリアに移動した場合は、再度逃走する可能性があるので、罠を仕掛けず、様子を見て機を待ちましょう。

その他

  • 三回力尽き、報酬金が0zになるとクエスト失敗です。クエスト中に手に入れたアイテムは持ち帰れます。
  • 失敗か成功するまでには、メニューからリタイアが選べます。ハンターの状態やアイテムは出発前に戻ります。
  • クエストを受けるには契約金が必要です。クエストを成功させれば契約金は戻ってきて、報酬金も受け取れますが、失敗した場合は契約金は没収され、報酬金も受け取れません。
  • 制限時間は大体50分ですが、30分や20分の時もあります。
クエストの失敗条件一覧(種別不問)
規定数力尽き、報酬金が0zになる
時間切れ
船や防衛施設の耐久力が0になる
(捕獲)対象のモンスターを討伐する
さて、今回はここらで締めましょう。
次は村の各施設でも書きましょうかね。
では、次の記事で会いましょう!

初心者指南所【施設】

どうも!豆腐でございます!スプラトゥーンの勢いについていけません!
というかそもそもWiiU持ってません!

さて、平常運転に戻してっと。
今回は初心者指南所第三弾!皆さんおまちかねの(待ってねぇよという声が聞こえてくる)施設編に突入したいと思います!
それでは時間が惜しいのでさっさと記事へ行きましょーう。
ではまず…

雑貨屋

様々なアイテムを売っている、ハンターにとって無くてはならない存在。
薬、薬草、トラップツール、砥石、弾、本、etc…
とにかく何でも売ってます。
が、作品によってはストーリーを進めないと一部のアイテムが販売されないことがあるのでご注意を。
たまに半額セールが行われる。

武具屋

加工屋とは別物の影が薄く忘れ去られやすい施設。
一応、素材を使わずに金だけで武器や防具を買うことができるので序盤は重宝する。
だが売っているものは精々下位レベルという所なので上位に上がったりするとお払い箱になることがほとんど。

加工屋

武具屋より遥かに使う回数が多くなるであろう、最も世話になる施設。
金と素材を使い、強力な武器や防具を生み出してくれる。
武具屋とは違い、既に生産した武具を強化して更に強力にすることもでき、ランクが進むにつれて武具もそれに応じて新たに生産・強化することができる。
そして、スキルの発動を補助することができる装飾品もここで生産することができる。

自宅

読んで字の如し。自宅である。(おい
データのセーブができるベッドや、装備やアイテムをしまえるアイテムボックス、オトモの設定ができるオトモボードがある。
雑貨屋で特殊な本を買えば、アイテムボックスの容量を増やすことができる。

集会所

ここで通信プレイ、集会所クエストを受注することができる。
集会所クエストは難易度が村に比べて少し高く、仲間とやることが推奨される。
料理を食べることができるキッチンや、雑貨屋と同じ機能を持つギルドストアも完備。
仲間のクエストに参加するときは、クエストボードで。

クエストカウンター

村クエストを受けられる場所。村長が務めている場合もある。
話しかければ、クエストを受注できる。
なお、村クエストは一人(とオトモ)で赴くため、仲間は連れていけない。

フゥ…今回はいつもに比べて短めでしたね。あくまでいつもに比べてですが。
さて、今回はここらで締めましょう。
また次の記事で!




獲得研究値

  • 豆腐:131