本文へスキップ

モンスターハンター4攻略GEMANIは掲示板のように気軽に書ける読み物を中心としたゲーム攻略サイトです

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

  匠と業物の二者択一 

なんということでしょう。
汚れの目立つ純白の刀身も、洗練された威厳のある紫色の刃を宿すこととなりました。
これまで少しの攻撃で研ぐ必要のあった武器も、これで長く前線を維持することができます。
切れ味がより鋭くなったことで、戦闘そのものの時間短縮にも成功したのです。

匠の切れ味レベル+1ってたぶんこんな感じ。



そこまで劇的でもないビフォーアフターもそこそこに、かりうど講座が始まります。
講師は私、毎度お馴染みかりうどです。
続くか打ち切りになるかはわかりませんが、よろしくお願いします。

今回は、[匠]と[切れ味]のスキルについて少々。
スキル名で表すと、[切れ味レベル+1]と[業物]になります。
かたや切れ味ゲージを伸ばすスキル、かたや切れ味の消費を抑えるスキル。
似たり寄ったりのこの2つスキル、どっちを発動させればいいのでしょう?
両方発動できるのならいざ知らず、そう簡単にいかないのが携帯機モンハン。
非常に手間がかかり、他のスキルが犠牲になってしまいます。
どちらかを選択する必要がありますが、どちらがいいのか迷うのが世の常。
その迷いを少しでも払拭したいがための、この講座なのです。
ひつまぶし、いやいや、ひまつぶし程度にでも、どうかお聞きくださいますよう。


見ればわかりますが、2つとも剣士用スキルですね。
それも、どっちもほぼ必須級ときたもんだ。
切れ味を伸ばすのがいいのか、切れ味を維持するのがいいのか。
それを解く鍵になるのが、【武器の元々の切れ味】なんですね。
「大剣やハンマーのような、一撃の重い武器は切れ味レベル+1」?
「双剣やガンランスのような、切れ味の消費が激しい武器は業物」?
それもある程度までは真理。しかし、絶対ではない。
その前に見るべきは、その武器の元々の切れ味なのです。

まずは、切れ味の補正からいきましょうか。
細かいこと言うと難しくなるので、大雑把にいきます。
物理ダメージと属性ダメージには、その時の切れ味で補正がかかるのはご存じでしょう。
その補正の大きさがこちらになります。

赤<橙<黄<緑<青<白<紫<空

空ゲージは、現状MHFにしかありません。ま、一応ね。
切れ味補正はこの通りなのですが、注意点がございます。
物理ダメージの補正は、黄以下でマイナスになるのです。
本来通るはずのダメージが少なくなる、というわけですね。
同じように、属性ダメージの補正も緑が境となっています。
黄色以下だと、通常以下のダメージにしかならないということです。
まぁ深く考えなくても、「切れ味を緑以上で維持する」と覚えればいいです。


このことを踏まえて、上記2つのスキル。
[切れ味レベル+1]のスキルは、切れ味をさらに伸ばすことのできるスキル。
言い換えるのなら、「一段階上の切れ味を引き出すことのできるスキル」とも言えるでしょう。
それはつまり、「切れ味補正をさらに大きくすることができる」ということ。
青から白、白から紫……と、段階を上げれば、それは攻撃スキルと同意なのです。
対して[業物]のスキルは、“現状の”切れ味を維持するスキルです。
どれだけ頑張っても、一段階上の切れ味を引き出すことはできません。
というわけで、「今の切れ味より上の切れ味を出せる時は切れ味レベル+1」を優先してください。

さて、上記は「今の切れ味より上の切れ味」についての見解です。
では、反対に「今の切れ味より下の切れ味」について見ていきましょう。

白か紫か、1番いい切れ味はどれだけありますか?
また、そのすぐ下の切れ味はどれだけでしょう?
基本的に切れ味を見る時は、この2つが重要です。
「1番いい切れ味」と「2番目にいい切れ味」の【総量】です。
1番いい切れ味が充分に長いのなら、業物でも存分にやっていけるでしょう。
総量はいいけど1番いい切れ味が短いのなら、切れ味レベル+1で伸ばした方がよさそうです。
しょっちゅう研がなければいけないほど少ないのなら、同時に砥石使用高速化が必要かもしれませんね。
「切れ味がいい」と一口で言っても、その量には当然ばらつきがあるわけですから。
「この切れ味を維持することでも満足にやっていける」のなら、[業物]に軍配が上がるでしょう。


このように、武器の切れ味によって採用するスキルは変わります。
これは大剣であっても双剣であっても変わりません。
変わっても、2つのスキルの優先度が多少変動する程度のものです。
【上位2つの切れ味の総量】と【切れ味レベル+1による切れ味増加量】。
まずはこの2つを天秤にかけること。
それからどちらのスキルが有効かを考えなければいけません。
単純にこの武器だから、という安易な採用は歓心できません。
あとは、防具の兼ね合いにも気を配りましょう。
[切れ味レベル+1]だ[業物]だと、簡単に口にしてますけど。
防具でつけるスキルである以上は、それ以外のスキルだって発動する場合だってあります。
太刀なのにガード性能が、大剣なのに状態異常強化が。
なんて、その武器種とは相性の悪いスキルがつくぐらいなら、もう一方のスキルの方がいいです。
そうでなくても、使いもしないスキルばかりつく防具は採用できませんよね。
そういった点でも、発動には気をつけてください。


あ、そうそう。
中には少しばかりイレギュラーな武器もありますよね。
たとえばナルガクルガの武器。
最初からフルゲージです、伸ばしようがありません。
まさか、これに切れ味レベル+1を採用する人はいませんよね?
これはまぁバカにしすぎた例ですが、次はどうでしょう。
ラギアクルス希少種の武器。登場しないとかいう声は聞こえません。
見ればわかる通り、白ゲージが異様な長さになっております。
切れ味レベル+1で紫ゲージが出ますが、1つの手としてこういうものもありますよ。
切れ味レベル+1も業物も発動しない。
元々の切れ味ゲージが優秀ですからね、無理にどちらかを発動させる必要はないんですよ。
その分をもっと別の優秀なスキルに回しても、充分に活躍させることができます。
もしこういった系統の武器が出てきた場合は、こういう運用も視野に入れるといいでしょう。



それでは、閉講させていただきます。
1つの固定概念にとらわれずに、臨機応変な対応を心がけましょう。
果たして、次があるのか。
あまり期待せずに。待て、次回。

かりうど様のファンファン、じゃなくてファンの3104です。

ツッコミするのはファンの権利。ツッコミ、いや、補足します。
この二者択一にはもうひとつ要素が絡んでいます。
武器の種類です。剣士限定です。
例として、双剣、ガンランスなど。
双剣なんか斬ってるだけで切れ味消費します。
とも言いたいですが、モンハン大辞典wiki閣下で調べました。
武器補正なんていうシステムが存在するようです。
私なりの解釈で言えば、
本来武器なんか全部ダメージ変わらないけど、
武器のイメージにあったダメージ補正がかかる、というものです。
ん?言ってることオカシイ?まあ言いたいこと言います。
周りが言っていることを盲信してはいけません、
結局は自分のタイミングでスキルをつけてください。
いや別に自分しか信じるなとか言う訳じゃなくて。
無闇矢鱈に試して失敗するのはよしてね、ってことです。
3乙して人間関係こじれても知りません。
まあ、武器にあったスキルを選んでください。これに限ります。
グダグダですいませんが、さようなら。
私としたことが、重要なことを伝え忘れてました。
というわけで、補講です。かりうどです。


さて、と。
ここではいろいろなことを言ってますけど。
緑ゲージすらも少ない序盤ではあまり気にすることはありません。

・切れ味は緑以上で維持する
・切れ味の善し悪しは上位2つの切れ味ゲージを見る

こんな感じのこと言ってますが、序盤では緑を持つ武器すらも少ないです。
ですので、序盤のうちはあまり切れ味に固執することなく進んでください。
「黄色とオレンジが長いから大丈夫」って勘違いされても困りますので。
序盤は、できるだけ黄色を維持すればいいでしょう。
申しわけ程度にあるってだけの緑は、隙があれば研ぐって感じで。
黄色で弾かれるのなら、また話は別ですけどね。
ある程度長い緑が出てきてから、意識していきましょう。
目安としては、「緑を使い切ってから1回研いでクエストが終わる」ぐらいから、かな。
ちなみに、序盤のオススメは鉱石系の武器ですかね。
モンスターの素材を使うものは少ないですし、比較的楽に作れますし。
属性はつきにくいですが、なかなか使い勝手もいいですよ。
では、これにて閉講と。

  【妄想】モンハン4に新登場しそうなスキル

び、びょ、びびょ、病的妄想だと~!
びょ、びょび、びびびょ、びょび病的妄想だ、だだ、だと~!
び、び、びょび、びょょう、びょ病的妄想だと~!
びょ、びびゅ、びょびびょ病的も、もも、妄想だと、とと、と~!
びょ、びょ、びょび病てk(殴ウッ……
(すみません…病的ってどういう意味ですか…)

ついにここまで来たか…フレイヤです…

早速本題に入ります…
今回は題の通りです…

その1:乗り名人

乗り状態の時に消費するスタミナが減り
ゲージを溜め易くなる(青いゲージ)

簡単に言うと乗ったあとに振り落とされたりしにくくなり、相手をダウンさせやくするスキルです

その2:空中攻撃会心

空中からの攻撃を当てたとき会心率が上がる

その3:ご主人様の采配

オトモの攻撃、防御、スタミナが上がる
オトモアイルーの合体技の威力が上がる

その4:崖登り名人

崖を登るときの消費スタミナが減り、登るスピードも上がる
崖を登っているときある程度のダメージを受けても耐えられる

その5:ウィルス抗体

狂竜ウィルスに感染しなくなる

その6:粉ガード

体に鱗粉がつかなくなる

その7:耐泥耐雪耐糸

耐泥耐雪に耐糸がついただけ


以上です…
簡単に思いつくのばっかりですみません…
では…ドロン…




  【過去作】今までの万能スキル復習

新モンスターやお守りの談義のページがあるのでスキルの談義のページも作りました

モンスターハンターの中で一番重要と言ってもいい要素

攻撃力と防御力

その重要な要素を操る事ができ、狩りに役立つ能力を更に発動できる!
そう、それがスキル!
このページはその重要な”スキルについて談義するページです
はいフレイヤです
今回は今までの”万能なスキルについてまとめます

まず万能なスキルとはなにか?

万能なスキルとは大抵のモンスターに満足した効果が得られるスキルと考えます

例えば今自分に攻撃力UP(小)と抗菌のスキルがついているとします
相手モンスターはラングロトラです

まず攻撃力UP(小)ですが
このスキルは名前の通り攻撃力が上がり狩りの時間短縮になります

抗菌の場合は
ラングロトラの悪臭の効果を無効にでき
悪臭の回復アイテムを使わないでよく
またいつでも体力の回復ができ、狩りに余裕が持てます

このスキル構成はラングロトラに対しては有効たと言えます

ただ相手が変わるとどうでしょう?
相手はアオアシラです

攻撃力UP(小)はさっきと同じく狩りの時間短縮ができます

ただ抗菌の方はアオアシラに全く効果が得られません

この場合攻撃力UP(小)は有効だといえますが
抗菌は有効だと言えません
むしろ無効です

このように大抵の相手に効果が得られる
攻撃力UPのようなスキルは万能といえ、
抗菌のような一定の相手にしか有効ではないスキルは
万能とは言えません

今回はこれに沿って挙げてみます

万能なスキルの例

  • 攻撃・防御力UP

このスキルは純粋に自分を強化でき、
また大抵のモンスターに有効です

  • 回避性能UP

このスキルは回避時の無敵時間を伸ばすスキルです
このスキルで大抵のモンスターの攻撃なら
ほとんど回避することができます

  • 切れ味レベル+1・装填数UP

このスキル達は剣士の場合は切れ味を上げ、
ガンナーの場合は弾の装填数を増やすスキルです
単純ですが狩りの時間短縮に繋がるのでかなり万能です

  • 弱点特効

このスキルはモンスターの弱点部位に攻撃を当てると
会心率が上がるスキルです

狩り自体、時間短縮のため弱点を狙うことが多く
かなり万能です

  • 体力回復力UP

このスキルは回復アイテムの回復量が増えるスキルです
回復を行わない狩りはほとんどないと思うので
かなり万能です

そのほか
・体術
・集中
・業者
・装填速度UP,砥石使用高速化
・見切り
などです

このくらいですかね
追加などがあればご意見をください

以上フレイヤでした!

アイルー色のボディと申します。

掲載されていたスキルの中に"業者"とありましたが、
正しくは、「業物(わざもの)」だと思います。
"業者"では、読みが、"ぎょうしゃ"になってしまいます。

普段なら小さな誤字脱字は気にしないのですが、
この記事を読んでいた際に"業者"を
"ぎょうしゃ"と読んだ自分にツボったので(笑)
意見させて頂きました。

ちなみに、私個人がが思う万能スキルは、
「回避性能」ですね!

このスキルで、ナルガやジンオウガの攻撃を
ホイホイ避けるのが楽しいです。
破壊王って万能になりませんかね?
意見としては内容薄いですけど気になったので!
以上です、大使でした。
記事主のフレイヤです

すみません”業物が”業者になってました
ご指摘ありがとうございます!
記事主のフレイヤです

破壊王が万能かついて一応返しておきます
破壊王のスキルの効果は
部位破壊に対応している部位へのダメージがふえる
というスキルです!

部位破壊ができる部位に当たるとダメージが増え、効率がいいのですが
部位破壊できない部位だと効果がありません

これにより部位破壊のできる部位が少ないor無いモンスターと部位破壊できる部位が高い位置にあって届かないモンスターには効果が薄いかな~と思って省きました(もしや僕だけ!)

しかし実際部位破壊できないモンスターはほとんどいないし、高い位置にあっても落とし穴や転ばせれば届きますので万能といえるかも知れません

結果的には個人の感覚だと思います!
(曖昧ですみません)
ついにフレイヤさんに意見を出すまで来たのか…
私はこれからどこまで行くのだろう?

なんか厨二臭いことを言ってみたかった、狙撃です(笑)

あのですね、ちょっと疑問に思ったので意見させていただきます。

フレイヤさんは万能記事に「弱点特効」を書いていましたよね?

あのスキル、確かに万能ではあるのですが、金レイア、銀レウス等、弱点が狙いにくいモンスターもいます。
つまり、弱点を狙うことが難しいモンスターには、弱点特効は相性が悪いと言うことです。
最悪、弱点特効が効く部位がないヤツすらいますので(笑)

大体のスキルが万能な中、こいつだけ多少扱いが違うと思います。

あとこの記事、モンスターに合わせてですよね?
もし武器に合わせてだったら片手剣に攻撃力up、弱点特効は向いてないので(笑)

だらだらと意見させていただきました。失礼します。

ナビゲーション

獲得研究値

  • フレイヤこの記事師によって新たなページが創造されました!!★★★★
  • アイルー色のボディ★★★★★
  • かりうど★★★★★★★★★★★
    ★★★
  • 3104★★